人生をデザインする情報メディア

保険の話

住宅ローンの団信とは?仕組みや概要、おすすめの人など徹底解説していきます

住宅ローンを利用する際に加入を検討することが多いのが「団信」です。
しかし、「団信」という言葉を知っていても、具体的な内容や仕組みについては知らない人も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、団信の仕組みや概要、メリットや注意点などを解説します。
住宅ローンの利用を検討している方は、団信についての理解を深めましょう。

団信とは

団信とは「団体信用生命保険」のことで、一般的に住宅ローンを利用する際に加入を求められます。
団信は、債務者が住宅ローンの返済期間中に死亡・高度障害状態となった場合に、ローン残高が完済される仕組みです。

民間の金融機関の住宅ローンでは、団信への加入を義務付けているケースが多いですが、独立行政法人住宅金融支援機構民間金融機関が提携して扱う「フラット35」の加入は、任意となっています。

ここからは、団信へ加入するメリットや注意点を見ていきましょう。

団信に加入するメリット

団信に加入するメリットは、主に以下の2つとなっています。

<メリット>
1.万が一の際、ローン残額を肩代わりしてくれる
2.所得税の納税義務が発生しない

それぞれのメリットについて、詳しく解説します。

1.万が一の際、ローン残額を肩代わりしてくれる

団信に加入すると、ローン契約者に万が一の事態が発生しても、契約者の家族が経済的に困窮せずに済むところが大きなメリットです。住宅ローンは借入額が大きくなるため、万が一の際の備えとして機能します。

https://life-design.fun/wp-content/uploads/2021/11/s_koichi-300x300.jpg
坂本

ウキウキしながら家を買うときには想像しづらいかもしれないですが、ローン契約者に万が一のことがあったときを想像してください。働き手がいなくなってローンが払えず家を手放さなければならなかったり、働けなくなって収入が減りローンに加えて治療費も増える。そうならないためにも、団信はよく考えて加入するようにしましょう!!

2.所得税の納税義務が発生しない

一般的な生命保険では、満期時に一時金を取得すると「一時所得」として納税義務が発生します。しかし団信では、以下のように所得税の納税義務が発生しません。

・死亡した場合
相続税の課税上、相続人によって承継される債務がないものとされ、被保険者や相続人に所得税の納税義務は発生しません。

・高度障害状態の場合
身体の障害に起因して受ける利益であるため、所得税の納税義務は発生しません。

特約でさまざまな病気に備えられる

団信では、死亡・高度障害状態のほかにも、特約によってさまざまな病気に備えられます。
特約を付帯した主な団信は以下の通りです。

・がん団信
所定の「がん」と診断された場合に、ローン残高が完済されます。

・三大疾病保証付団信
三大疾病(悪性新生物・急性心筋梗塞・脳卒中)に罹患した場合に、ローン残高が完済されます。

・八大疾病保障付団信
八大疾病(三大疾病に加えて、高血圧・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎)に罹患し、就業不能となった場合、一定期間において毎月のローン返済額が保険金として支払われます。
さらに就業不能期間が継続する場合は、ローン残高の一部または全額(加入時に設定)が支払われます。

団信加入前に確認したい注意点

団信に加入する前に、以下の注意点も確認しておきましょう。

1.健康状態によっては加入できない可能性がある
2.加入後の変更は一般的にできない
3.保険料の総支払額が高くなりやすい
4.生命保険料控除の対象にならない

1.健康状態によっては加入できない可能性がある

団信に加入するときは、一般的な生命保険と同様に、病気の既往歴や持病などの「事前告知」が必要です。
当然、その内容によっては団信に加入できない可能性があります。

生命保険の審査ほど厳しくありませんが、加入できない場合は、持病があっても加入しやすい民間の生命保険を検討しましょう。

2.加入後の変更は一般的にできない

一般的に、団信は一度加入すると契約内容の変更ができません。
そのため、団信へ加入する際は、特約を含めた保障内容などに過不足がないか確認する必要があります。

3.保険料の総支払額が高くなりやすい

団信はローン残高に応じて保険料が変わるため、ローンの返済額に応じて保険料が安くなります。
しかし、住宅ローンと同程度の生命保険へ加入する場合、一般的に団信よりも総支払額が安くなる傾向にあります。
保障内容だけでなく、保険料についてもしっかり確認しておきましょう。

4.生命保険料控除の対象にならない

一般的な生命保険は、支払った保険料をもとに「生命保険料控除」を受けられます。
しかし団信では、前述の通り所得税の納税義務が発生しないため、生命保険料控除を受けられません。

所得控除を活用したい人は、保険金受取人が自分や配偶者、その他の親族となっている生命保険に加入しましょう。

団信の加入がおすすめの人

前述した団信のメリットや注意点を踏まえると、団信への加入をおすすめするのは以下のような人です。

・万が一の際に住宅ローンの残高を残したくない人
・所得税として納税したくない人
・病気の既往歴や持病がない人

団信に加入する前に、自分や家族のライフスタイルに合っているのかよく検討しましょう。

まとめ

団信に加入することで、ローン契約者に万が一の事態が起きた場合でも、家族のローン負担を抑えられます。
特約によって保障範囲を広げることもできるため、団信へ加入しておくと安心です。

しかし団信に加入するときには、民間の生命保険なども合わせて検討し、自身や家族のライフスタイルに合った保障内容を選びましょう。

ランキング

DAILY
WEEKLYLY
MONTHLY
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 登録されている記事はございません。

おすすめのコンテンツ

月別バックナンバー

キーワード

  1. 人生
  2. 保険新規

関連記事

PAGE TOP